新顔君手術済みでした


 先日捕獲した新顔のキジ白を地域猫会長さんに預かっていただいて手術を受けることになっていたのですが、電話がかかってきました。「あの子小さいけれどカットがあるから手術済では」と。新顔で手術済みとはどういうことか。私たちがお願いする病院ではかなりはっきりカットが入るので見間違うことがありません。他の病院で手術をして連れてこられたということか。
P1210125 (500x375)
こんな小さいカット老眼の私には見えません!

 病院で手術済みであることが確認されても納得いかない私。広範囲で餌やりをしているHさんに聞いてみると「6日ほど前、高校のほうでカット有のキジ白を見た」とのこと。それでしょうか。
P1210159 (500x375)
キジ白と言っても模様はアメショーのようで珍しい毛並みです。

P1210162 (500x375)
結構きつくて「こんなに怖くなかったら里親を探せるのに」と会長さん。
P1210164 (768x1024)
取りあえずカットを入れ直しレボリューションをしてその子が帰ってきました。会長さんと一緒に公園に戻すと後ろを振り返って見ているので「夕方来るのよ。ご飯あげるから」と声をかけておきました

そこへ現れたこの公園の番長「茶髪」。
P1210168 (500x375)
「おやかわいい子ね。馴れているなら家の猫が減ったら預かって里子に出してあげるのに。」
「いえいえこの子は外で威張って暮らしていますから。」
というわけで茶髪が追い出さなければ新顔君も公園で暮らせるのですが。どうなることやら。

P1210166 (500x357)
「怪しいにおいがするぞ」

 夕方出てくるか心配でしたが、白猫たちも茶髪もいつもと同じ雰囲気で、新顔の気配は有りません。やっぱり無理だったかと思いながら最初にいた柵の中に声をかけているとちょこっと顔を出したのです。暗くなりかけて見落とすところでした。かなり警戒していて柵の中から出てこないのでそこに餌を置いてやるとちょっと食べては引っ込み、を繰り返しながら食べていました。

 この調子なら意外と簡単になじめるかもと思ったら夜も朝も喧嘩の声が聞こえてきて前途は多難。

 名前はアメショーにちなんで「ショーン」にしました。「羊のショーン」みたいにいい子になれるといいけれど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PAWS(ポウズ)管理者

Author:PAWS(ポウズ)管理者
2000年頃、個人からスタートした地域ネコ活動・里親活動をしているグループです。グループ名は「ポウズ」と読みます。猫さんに関わる日々の悲喜こもごもを記録します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク

いつでも里親募集中