新顔登場

昨日の昼間、鍼で地域猫会長さんとお会いして「最近新しい猫が出てこなくてほっとしています」なんて会話をしたその夕方、いつもの餌場で白猫や茶髪に餌をやっていると遠くの木から何か落ちたような気がしました。
葉っぱが散るようなところではないしおかしいと思って行ってみるとなんと見たこともないキジ白ともパンダともつかない猫がおりました。しっぽが短くてカギになっているようです。大人ではないです。すぐ逃げるという感じではなく、でもほかの猫が怖いので柵の外、茂みの中に入って鳴いていました。
柵のところに餌を置いてやると用心しながらでも食べるのです。子猫が生まれていないのでまた捨てられたのか。
いつもならすぐ捕獲機を取りに行くところですが、娘に孫の保育園のお迎えを頼まれていて時間がありません。
意地悪兄さん猫がいっぱいいるところなので果たしてまた来てくれるか・・・・

保育園に行く前に大急ぎで頂きものの美味しそうな缶詰を持って行くとまだいました。
缶詰もよく食べる様子に「明日もおいで」と声をかけて。
P1210121 (500x375)
カット無し。カットがあれば小学校のところにいる小顔ちゃんのような風貌。声も似ている。

P1210122 (500x375)
「ご飯ください。」

P1210126 (500x375)
「いただきます。」

猫おじさんにも新顔が出たので捕獲しますと声をかけました。

次へ続く。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PAWS(ポウズ)管理者

Author:PAWS(ポウズ)管理者
2000年頃、個人からスタートした地域ネコ活動・里親活動をしているグループです。グループ名は「ポウズ」と読みます。猫さんに関わる日々の悲喜こもごもを記録します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク

いつでも里親募集中