丸投げはご遠慮ください

 ある公園で餌やりをしているKさんにスーパーで偶然お会いしたのは6月の末でした。「お会いしてよかった7月9日から10月22日まで留守をするのでどうしようかと。お願いしたら悪いかと思っていたところ」と。それって丸投げですか!3か月半以上ですよ。
 この暑いさなか決死の餌やりが始まりました。もちろん会のメンバーに助けてもらっていますが毎日の日課になると厳しいものがあります。
 ここは夕方は長年の餌やりさんがいてしかもジョギングコースになっていて猫好きの人が色々かかわっていることがわかっているので必ずしも行かなくても飢えることはありません。水に無頓着なところなので水だけは行かないといけませんが餌は足りています。しかしそういわれた以上行かないわけには。11時ごろKさんの餌を待っている猫がいるわけですから。まず実態調査をました。
 これまでも「日曜日は山登りがあるのできません」と言われていたので行けるときは行っていましたので大体様子がわかっていますがどうなんでしょう。
 夕方の様子を知るSさんに電話してみると昼間来て夕方来ないのはキジ白ののぼちゃんだけということがわかりました。ちょっと気が楽になりました。

 毎日必ずいるサビ母さん
P1170579 (405x500)

 3割ぐらいの確率 木に登って待っているのでのぼちゃん。この体型ですからどこかで貰っています。
P1170344 (500x375)

いつも対岸から「こっちも来て~」と呼んでいるタマばあちゃん。お尻をぷりぷりしながら餌場へ誘導してくれます。
P1200897 (500x375)

このあたりのボス、チョビ。
P1170619 (500x374)

チョビとライバルのタマ。タマはレストランの看板猫であるのに出張してきていましたが最近見ないと思ったら元のところへ戻っているそうです。
P1170615 (500x374)

アクト。みんなのアイドルで私の友人もウォーキングの時餌をやっているそうです。たまにしかいません。
P1200903 (500x375)

チャーちゃん。最初のころは来ていたがほとんど食べず今は夕方だけ来ているそうです。お口に合わなかった?
P1200166 (500x375)


そしてショビとうさん
P1200164 (500x375)
生きています。ご安心ください。
P1170586 (500x375)
ボロボロですが元気。
P1200174 (500x375)
爪とぎだってやるんです。
この冬は越せまい。この夏は無理だろうと言いながら3年は経っているのでは。
そして時々姿を見せないと思ったらなんと場所替えしていました。長年住み慣れた餌場を捨てなんで遠く離れたところへ行ったのかわかりません。最初「来ている」とメンバーから聞いたときはまさかと思いましたがそこでますます元気になっている姿を確認してきました。
P1200715 (500x375)
全身毛が固まってボロボロだったのをはさみでカットしてブラシをかけてはいたのですがなんだか前よりきれいになっているような。ここでは釣り人に新鮮な小鯵をもらってそれをバリバリ食べていました。柔らかいものしか食べられないと思っていたのに!

そしておまけ。ちょっと離れていますが通り道なのでいつも声をかけています。メイメイ(キジ)とミーナ(キジ白)
P1170502 (500x375)

 まだ序の口だ。最後まで頑張れるか夏の暑さに耐えられるか。首に濡れ手ぬぐいを巻き、日焼け防止のロング手袋も濡らし、帽子をかぶりスポーツドリンクを飲んで出かけています。
 餌やりさんへ。くれぐれも地域猫活動メンバーへ過重な丸投げをしないでください。みんなそれぞれの持ち場を持っています。餌やりさんはとても熱心な方が多く猫も私たちも助けられています。しかし自分のやり方というのがあって人と一緒にすることが嫌いな方が多いです。でも友人や散歩の人に声をかけ横のつながりを持ち連携できる体制を作っておいてください。よろしくお願いいたします。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PAWS(ポウズ)管理者

Author:PAWS(ポウズ)管理者
2000年頃、個人からスタートした地域ネコ活動・里親活動をしているグループです。グループ名は「ポウズ」と読みます。猫さんに関わる日々の悲喜こもごもを記録します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク

いつでも里親募集中