執念の鼻白の捕獲

 初めて鼻白を目撃したのは3月25日。商業施設の敷地に「猫に餌を与えないでください」と笑った猫が呼びかけている気持ちの悪い立札を立てられたのを見に行ったときのことでした。「置き餌は不衛生です」とありどんなに不衛生なのか掃除が入る前の早朝見に行きました。この辺りは以前はたくさん猫がいたのですが、里子に行ったり、病死、交通事故死などでどんどん減り今は数匹しかいないはず。やはりどこにも置き餌で汚れたところはありません。以前からの看板を実態を調べずにただ作り直したのではないかと思いました。猫への餌やりは禁止ではありません。これによって地域猫活動への誤解が生じて困るので、商業施設に連絡をして抗議をすると「置き餌は不衛生です」というだけの看板にすぐに立て替えてくれましたので一件落着した次第です。

 さて鼻白には帰り道に偶然工事現場で出会いました。そこに茶太郎という雄猫が現れ永いこと睨み合っていてその間に急いで家に帰って捕獲機を取ってきたのですが2時間経っても事態は動かず急に茶太郎が諦めて去ったと同時に鼻白も見えなくなりました。
P1170677 (500x375)
奥が鼻白。手前の茶色いお尻が茶太郎。

 次に会ったのが猫の会があった夜のこと。帰り道にいたのです。急いで家に帰りまた捕獲機を持ってきたのですが捕獲機には全く寄り付かずどんどん去っていく。追いかける、去る・・・諦めました。

 そして4月30日。餌やりさんのHさんから電話が入りマンションの駐車場入り口にいるとのこと。揚げたてのとんかつとビールを諦めて駆けつけました。しかしこの時も真ん中まで入っても戸は閉まらず2時間粘ったけれど失敗。
 失敗の理由は?
 鰺でなく鮎だった。
 留め金のところへのテープの巻きつけすぎ?
 捕獲機のアメリカ式が合わなかった。
 わかりません。

 その次の日から毎日7時半ごろ同じ時間に捕獲機を持って行ったけれど姿がないので、一口置き餌して帰りました。後で見に行くと無くなっている時間がわかり時間をどんどん遅らせていったのです。大体10時過ぎでした。次に戸が閉まらないようにして置いて、時々見に行くようにしてみたり。ある時置いて帰ろうとするとそこに出てきたのは「鳩も食べます」という白ちゃん。
P1170669 (375x500)
これが白ちゃん。たくましい子です。
 これはもうお手上げです。白ちゃんに場所を知られては置き餌も置き捕獲機も出来ません。
 8日目今日で最後にしようという日、白父さんのところへ行って(置き餌が多いので片付けに行く)戻ってくると鼻白がちょろちょろしているのです。今日はどうせと残り物の鯵しか入れてなかったところへパウチを補充してみると飛んできてすぐ食べ始めました。
 捕獲機は奥行きのあるアメリカ式で失敗したので短い踏板式でしたがすぐに捕獲できました。
 あきらめなくてよかった。


P1200137 (500x375)
しまった。一番おいしいところを食べ残した。

P1200135 (500x375)
とってもかわいいんです。やっぱり最初にあった時より痩せた?餌場が決まっていないのです。

P1200139 (500x375)
女の子でした。茶太郎とにらみ合っていたのではなく言い寄られていたのか。

P1200145 (386x500)
私の魅力にみんな参るの。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PAWS(ポウズ)管理者

Author:PAWS(ポウズ)管理者
2000年頃、個人からスタートした地域ネコ活動・里親活動をしているグループです。グループ名は「ポウズ」と読みます。猫さんに関わる日々の悲喜こもごもを記録します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク

いつでも里親募集中