FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捕獲のおまけ

 去年より捕獲に挑戦している新顔の黒猫がいます。しかしこれが超難関。
たまにしか出現しない。臆病でほかの猫に追いかけられてすぐ逃げてしまう。なぜか捕獲器を警戒していてなかなか入らない。
正体のつかめないこの猫、何度挑戦したかわかりませんが一番寒い時期と重なって大きな負担となっていることは確かです。

 しかし先日の捕獲でちょっと面白いことがありました。夜8時前、大体1時間は粘るのですがそろそろ終わりにしようかという時に東の方からパンダ猫が見え隠れしながらやってきました。「何者?」餌を置いて呼びかけると少しずつ近づいて食べたのですが、おなかが空いていないのかごちそうを残して戻ってしまいました。しかしもう来ないかと思ったら道路を渡って黒ごま親子の餌場へ接近してきました。もうこうなると気配のない新顔の黒猫はほっておいて捕獲器を餌場に設置。
 ここよりずっと東にはトイレがあり、去年の春から夏に大量捕獲をした際パンダがぞろぞろいてその中の一匹としたらなかなか捕獲器には入らないだろうなと思っていたら、結構平気で捕獲器の中の餌を食べ出して簡単に捕獲できてしまったのです。
 早速駆け寄ると立派なパンダ猫が入っていました。カットを確認すると有りました!
 ではいったい誰?という事になったのですが残念ながら最近スマホのカメラに依存していてデジカメを持っていかない。そこにあるデーターが確認に役に立つのですが残念でした。そこで写真を撮って検証は家に帰ってからということになり、放してやりました。
 それはもう一目散に長い歩道を駆けに駆けて帰って行きました。こりごりしたことでしょう。いつもトイレのところでおじさんに餌をもらっているけれど時々黒ごま親子の餌場を知っていてやってきていたのでしょう。

 その黒ごま親子はとっても仲良し。栄養状態が悪かったのか黒母さんは捕獲した時子猫かと思ったら産後だった。そしてその生き残った子猫のごまちゃんはもっと小さくてもう10か月にはなっているのに未だ5か月ぐらいの小柄でかわいい子です。常にがつがつ食べるのは飢えていた時の記憶があるからか。新顔の捕獲をするゲートの道を挟んで向かい側に餌場があるので、いつもそこで見張っていると帰らないでウロウロしていてつい色々食べ物を繰り出してしまうのです。この日も目の前で繰り広げられる捕獲劇をずっと見ていたはず。もちろん仰天して消えていました。
DSC_0657 (768x1024)


 ところでどうやらこの猫は去年4月に捕獲した産後のパンダ母さんという事がわかりました。そういえばその頃西の方にも来ていたことがあるので一件落着となりました。
DSC_0624 (768x1024)
肩から背中にかけて白いのが見えます。

DSC_0626.jpg
右側も白くて背中がちょっと黒。然しゴミだらけの道。

DSC_0630 (768x1024)

DSC_0634 (768x1024)
カット有。

DSC_0638 (768x1024)
なかなか上を向いてくれなくて。やっと髭があるのがわかります。

そしてこちらがトイレのパンダ母さん。
CIMG3325 (1024x768)

CIMG3286 (1024x768)
ほぼ間違いないようです。

CIMG3785 (1024x768)
そして母さんと子どもたち。似すぎ。真ん中がかあさん。CIMG3804 (1024x698)
3匹の子猫。似すぎ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PAWS(ポウズ)管理者

Author:PAWS(ポウズ)管理者
2000年頃、個人からスタートした地域ネコ活動・里親活動をしているグループです。グループ名は「ポウズ」と読みます。猫さんに関わる日々の悲喜こもごもを記録します。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。