FC2ブログ

子パンダの捕獲

 9月に初めて目撃した黒と子パンダの親子。いつも活動している東の最果ての地の更に東側を南から北へ道路を渡る猫を発見。そっと近づいてみると広い道路を挟んで北側の歩道に親子の猫がいるではありませんか!どこから来たのかこの親子。4月にたくさんの捕獲をしてその中の一匹に小柄な黒猫で産後の猫がいました。6月ぐらいから子猫を連れて出てくるのではと気を付けてはいたのですが今まで見たことがありませんでした。その母猫とすると子猫は5か月にはなっているはずなのに、どう見ても3か月ぐらいの幼さ。首をひねるばかり。とにかく黒猫にカットがあるかどうかを確認するのが先です。
DSC_0328 (1024x825)

DSC_0330 (1024x703)
右足の黒点が特徴です。
CIMG4285 (1024x768)
フラッシュをたいて撮るとうまくいかないので、懐中電灯で照らして撮っています。
 
CIMG4248 (1024x768)

 その後もたまに目撃されるもなかなかカットが確認できずにいました。しかしついに黒猫にカットがあることが確認できたのです。
やっぱり4月に捕獲した産後の猫だったようです。母猫が小柄で子猫かと思ったら産んだ後だったのでびっくりして印象に残っていました。その子猫で発育が遅れているとしたら納得がいきます。

 最近時々姿を見せる電話ボックスに捕獲器を置くことにしました。行ってみると運よく待っていました。母猫はいなくて来離れしたのか時々一緒にいる程度です。早速捕獲器に鰺を入れて置いてみるとなかなか寄ってきません。寄ってきたと思ったら捕獲器ではなくいつものエサ入れの匂いを嗅いでいます。そこで鰺を取り除き缶詰とカリカリに入れ替えて、場所も暗いところからエサ入れの近くへ移動。
するといつもと一緒が良かったのかすぐに捕獲できました。

あごひげが特徴で「あごパンダ」と仮称を付けました。いまいちしっくりこないので再考。
CIMG4499 (1024x768)

CIMG4492 (1024x768)
かなりの大食いです。捕獲器に入っても暴れる→食べる→暴れる→やっぱり食べるといった調子。
CIMG4502 (1024x768)
この子もなかなか狂暴で、ここの地域のDNAをしっかり受け継いでいます。男の子でした。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PAWS(ポウズ)管理者

Author:PAWS(ポウズ)管理者
2000年頃、個人からスタートした地域ネコ活動・里親活動をしているグループです。グループ名は「ポウズ」と読みます。猫さんに関わる日々の悲喜こもごもを記録します。

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク

いつでも里親募集中