メイメイさようなら

P1210048 (1024x745)
みんなに愛されたメイメイが旅立ちました。最初に地域猫活動を個人で始められた方がTNRをした猫なので年齢はかなり行っていたはずです。10~15歳ぐらいか。数年前から年を取ったなと思わせ、「この夏は越せないかも、この冬は無理かな」と言いながら頑張ってきました。
 長生きできたのはたくさんの人が可愛がってお世話をしてくださったからでしょう。年配の紳士が(これ珍しい)ささみを煮てほぐしたのを持ってこられたり、いろいろあった中で一番大きかったのは去年3月ごろからお世話をしてくださったOさんの存在です。毎朝特別なごはんを持ってきてしばらく一緒に過ごされていました。ご主人は遠方に住んでいらっしゃり事情があってこちらへ住まわれていたけれど本当は帰らなくてはいけないという事でした。でもカイちゃんが気になって帰れないと。メイメイはいろいろ名前があり、この名は最初に大変にかわいがっていて4年前に亡くなった方が「鳴き声から付けた」とおっしゃっていました。カイちゃんというのは階段にいつもいたからでダンちゃんという相棒がおりました。こちらは私たちはミーナと呼んでいます。去年雨水溝にはまって出られないのを救助した猫です。このミーナが寄り添ってくれたことも長生きの理由だと思います。
P1210176 (1024x768) (2)
 引っ込み思案のミーナ
P1170502 (500x375)

 良く一緒にいました。ミーナが雨水溝にはまったときに普段おとなしいのに大声で鳴いていたメイメイ

 ある日曜日の朝Oさんから電話で「カイちゃんが足を怪我して動けなくなっているので病院へ連れて行きたい」と言われました。行ってみると私にはもうどう見ても最後が近いと思われました。ご主人が早朝から新幹線で駆けつけてこられていて「足の応急処置をしてもらったら連れて帰りたい」との意向でした。これまでもメイメイをおうちへ入れてあげてくださいとお願いしたのですが、奥様は足が悪いという事もあり実現しませんでした。もし元気になったらおうちの猫になれるという希望があるだけでもうれしかったです。
 メンバーが車を出してくれて日曜日でも診てもらえる病院へ運びましたが、やっぱり足が悪いのではなく老衰で食べれなくて脱水症状が出ていることがわかり水曜日まで入院となりました。私はもう十分生きたメイメイを亡くなった名付け親の奥様の元へ旅立たせてくださいと猫の神様にお願いしました。それが一番幸せではないかと思えたのです。
 猫の神様のお蔭かメイメイは水曜日の朝に息を引き取りました。
 その後ですがOさんご夫妻が火葬にしてくださってそれを分骨していつもいたところにも埋めることになりました。そんなに大事にしてもらった地域猫はかつてありません。

 いつもいた階段の上、植え込みの陰にお墓を作りました。Oさん、最初に可愛がっていて亡くなったKさんのご主人、地域猫メンバー、通りがかりの猫好きさんが立ち会いました。Oさんはメイメイを見送ってほっとされたようですが、残されたミーナ(ダンちゃん)のことが心配で仕方ないようでした。寂しくないか、最近見かけないがどうしたのかと。私たちは「ミーナは独立心が強くてしっかりしているから大丈夫です」と言いました。

 埋葬に参加できなかった地域猫活動のメンバーOさんがお昼頃お参りに行ったところそのミーナがお墓の側にいたというメールをもらいました。Oさんの喜ばれたこと。そして「あーやっぱり猫は不思議な生き物だ」と感動するやら納得するやら。私たちは小さい無力の生き物を大事にしないといけません。人間なんて大したものではありません。
 P1200896 (1024x768)
いつもいた場所。足がふらふらしているので石垣から落ちないかと心配しました。

 P1240107 (1024x768)
穏やかな性格でみんなに愛されました。

P1230873 (1024x768)

CIMG0446 (1024x768)

P1240126 (1024x768)
なかなか食べれなくなってからは特別食を何種類も用意していただいていました。だからいつも朝は石垣の端まで行って、Oさんが来られる方向を向いて待っていました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PAWS(ポウズ)管理者

Author:PAWS(ポウズ)管理者
2000年頃、個人からスタートした地域ネコ活動・里親活動をしているグループです。グループ名は「ポウズ」と読みます。猫さんに関わる日々の悲喜こもごもを記録します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク

いつでも里親募集中