黒猫くうちゃん

  寒い寒い夕暮れ時公園の地下駐車場の吹き抜けあたりから必死の猫の鳴き声が聞こえてきました。どこだどこだと探すと茶髪が吹き抜けを覗いていて、声は中から聞こえるようです。そこはネットが張ってあり、もしその下まで落ちていたら助けるのは大変なことです。
祈る気持ちで暗い穴に目を凝らすとやっとネットの縁のコンクリートのところ、こぼれ種から生えた木の隙間からこちらを見上げている黒い猫がいるのが見えました。良かった下に落ちていなくてとホッとするのもつかの間、いったいどうやって助けたらいいのか。とりあえずメンバーにメールを入れました。
 みんなが集まるまでの間に家に帰り、以前雨水溝に入り込んで出られなくなったミーナを助けるために作ったダンボールの爪ときをつなげて作った梯子、そこに差す楊枝、楊枝に引っ掛ける竹輪を用意しました。梯子は1メートルちょっとで今回の深さは1.5メートル弱有り丈が足りませんが仕方ありません。差した楊枝に竹輪をちぎって引っ掛け、紐で釣るして下へ降ろし、柵に括り付けて倒れないようにしました。然しやっと上がってきたら茶髪に脅かされて降りてしまい、その後も何度か登ってくるものの上に行くと怖い猫が待っていると思うのか上れないのです。
 メンバー3人が到着して知恵を絞りましたが良い考えが浮かびません。猫はコンクリートの縁を歩き回りネットから下へ落ちるのではとハラハラしました。とにかく待つしかないのでみんなで交代で見張ることにし、一人が残りあとは餌やりに走りました。
 結局1時間ぐらい経っても上がれないので捕獲器をひもで釣ってコンクリートの上に下して入るのを待つことにしました。幸いコンクリートの幅は捕獲器を置くのには十分ありました。一度全員引き上げて交代で見に行き・・・

 9時過ぎ行ってみると鳴き声もせずしんと静まり返っています。いくら探しても声もせず姿も見えません。これは木を伝って外へ出たのかと思いみんなにメールをしているとパタンと戸の閉まる音!なんと捕獲器の中に入って食べている最中だったのです。捕獲器には布をかけていたので見えませんでした。
みんなに来てもらい慎重にひもを引き上げました。
 中に入っていたのは子猫で風邪をひいて目と鼻がくしゃくしゃ。とりあえず家に連れて帰りました。
           2016011121290001 (768x1024)                      
       捕獲器の中を照らしてみるとまさに食事中。これは大物だ。

  CIMG0576 (1024x768)

                     CIMG0740 (1024x768)
すぐに懐いてくれて、トイレも失敗なし。おとなしくてお行儀のいい女の子でした。(その後猫をかぶっていたことがだんだん判明)しかし寒い中にいたことも有り、目やに、鼻水、くしゃみそして下痢が始まり風邪の治療に専念。そしてすぐにお見合い写真の撮影をしました。

 こちらがお見合い写真。名前はくうちゃん。これまで空気抗の横に暮らしていた茶トラのくうちゃん、空気抗に落ちていたのを助けた茶トラのくうちゃん、この公園で8年暮らしていたクロベエ改めくうちゃん。みんな里子に行って幸せになっているのであやかりたくて付けました。
CIMG0776 (1024x768)

CIMG0841 (742x1024)

CIMG0927 (1024x768)
黒猫が好きという方が多いのですぐに何件かお声がかかりました。そして先住猫さんがいるおうちへお試しが決まり、行った先でも天真爛漫、無邪気さ全開。こちらはいなくなった部屋を片付けながら抜け殻状態。
 
お試し先で。
CIMG1012 (1024x723)
つづく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PAWS(ポウズ)管理者

Author:PAWS(ポウズ)管理者
2000年頃、個人からスタートした地域ネコ活動・里親活動をしているグループです。グループ名は「ポウズ」と読みます。猫さんに関わる日々の悲喜こもごもを記録します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク

いつでも里親募集中