FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨水溝の猫

 雨水溝で鳴いている猫は出入りしているのか、脱出できなくなっているのか。
今までに救出した猫が2匹。
 1匹は公園の猫で姿を消して9日目にその隣の小学校の溝で鳴いているのをメンバーが偶然発見し消防署にふたを開けてもらって救出しました。いつもいる公園の端と京学校の端で距離も結構ありました。
 2匹目はおばあちゃん猫のかすみちゃん。いつもいる場所の雨水溝で餌やりさんのUさんが発見。3日目に救出しました。
最初の作戦。
 深い穴で横に穴が二つありかすみちゃんはその片ほうへ隠れてしまうのです。そこでダンボールで反対の穴を塞ぎ、餌でおびき出して穴から出て来たらダンボールでその穴も塞いて救出する作戦を立て、うまくいったかに見えたのですが、下に枯葉が積もっていて、必死のかすみちゃんはそこを掘ってダンボールの下をかいくぐって逃げてしまったのです。

P1210868 (1024x768)

 どうやったら助け出せるか頭を抱えているとUさんがダンボールの爪とぎで梯子を作ってくださったのです。これが素晴らしかった。お腹を空かせたかすみちゃんはすんなり梯子をあがってきたそうです。

P1210875 (1024x768)
 この素晴らしい梯子をUさんは譲ってくださいました。これがのちほど功を奏します。

3匹目はコンビニの黒ちゃん。然しこの時は閉じ込められたのではなく自由に出入りしていたことが分かりました。寒い季節はどうしても地面の下が暖かいので入り込むことが多いのです。出入り自由か否かの判断は生死にかかわるのでまずは救出をすることが大事です。

 然し次のケースは大変でした。
 三毛猫の捕獲失敗で疲れて帰ってきたところへNさんから電話があり「ミーナが溝から出られなくなっている」とのこと。たまたまそこを通りかかり、いつも猫のことを気にかけてくださっている方から教えられたそうです。ミーナはおばあちゃん猫メイメイと仲良しでいつも階段のところにいるのでカイちゃん(メイメイ)、ダンちゃん(ミーナ)とも呼ばれています。
P1210176 (1024x768)
人見知りのミーナ(ダンちゃん、白ちゃん)
P1210178 (1024x768)
おばあちゃん猫メイメイと

 行ってみると路肩に雨水溝がありそこから出られなくなっているようでした。勝手に出入りしているのではという意見もありましたがもし違っていたら命にかかわることなのでNさんに当分餌と水を置いてもらうことにしました。雨水溝は数メートルおきに路肩にあり重い鉄の蓋があって持ち上げるのは大変です。それが蝶番でついているので蓋を開けると道路側に出てしまうので開け放しで置くと子供がはまったり、自転車バイクが乗り上げたりと危険が伴います。人がいる時しか開けられません。横穴で繋がっているので声はすれどもあっちで聞こえたりこっちで聞こえたり場所も特定できません。一番浅い穴に餌と水を置きました。
 餌は毎日食べているけれど開けているときには出てこない状態が続きました。これでは進展が無いので三毛ちゃん捕獲後本格的に取り組むことになりました。昼過ぎ行ってみるとミーナの声が・・・ちょうど通りかかった方にカリカリの音をさせていただいて、大急ぎで梯子を取出し(毎回持って行くのは大変なので植え込みに隠してある)蓋を開けようとするとちらっとミーナの背中がみえました。しかしもともと怖がりの子で横穴に逃げ込み姿を消しました。通りかかった餌やりさんにも呼んでもらいました。「シロ~」(みんな名前が違います)功を奏さず。
 次は例のダンボールのはしごを穴に下し楊枝をところどころに差して竹輪をちぎってくっつけました。それを食べながら上がってきて外へという作戦です。これを夜7時過ぎに行って仕掛けて、横に自転車を置いてガードし、夜中に見に行って蓋を閉めるというのを繰り返しました。その間竹輪を落とすと猫が横穴から頭を出して食べたたのでびっくり。「ミーナ!」と声をかけるとなんと黒猫でした!みみカット有。でも思い当たる猫がいなくていったいあなたは誰?
 また雨に濡れて梯子が真ん中から折れ作り直しもしました。もっと長く丈夫に。
 それでもらちが明かず2日間の絶食。その間雨も降るし心配しました。

 今度は早朝5時半まで開けておいて見に行きました。すると竹輪は上3のつを残して食べ、穴の外へ置いたごちそうも無くなっていたのです!成功か!ワクワクしながら家に帰って布団にもぐり、ふと昨夜みんなで仕掛けをした時道路の反対側からパンダ猫ショウちゃんが一部始終を見ていたことを思い出しました。
「ショウちゃんが食べた?」
「いやショウちゃんは鰺が嫌いだった」変わった猫で魚を食べると吐き出す子です。
まだ暗いうちでカラスという可能性は無い。ホッとして眠りにつきました。

 さていつもミーナをダンちゃんと呼んで可愛がっている方から電話がありました。黒猫が出現した段階でこの方に確認をしたところ、ずっとダンちゃんを見かけないので交通事故にあったのではと思っていたとのことでした。
 「ダンちゃんが日向ぼっこをしていた」と。
 救出成功!半月かかりました。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PAWS(ポウズ)管理者

Author:PAWS(ポウズ)管理者
2000年頃、個人からスタートした地域ネコ活動・里親活動をしているグループです。グループ名は「ポウズ」と読みます。猫さんに関わる日々の悲喜こもごもを記録します。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。