お次は三毛猫

 この猫に関しては会長さんから情報が入りました。数年前に大規模捕獲の時三毛猫の捕獲に失敗しているというのです。なかなか敷地から出てこない、捕獲機には入らないので時間をかけて慣らして、洗濯ネットで捕獲しようとしたら最後に逃げられたという事でした。
それでまったく捕獲機に近づかなかったのかと合点。
 そこで捕獲機を変えたほうがいいという事になり釣り式を会長さんからお借りして餌も生の鰺。釣り式はどうしても捕獲できない猫に対する最後の手段として登場するもので以前もこれで成功した例があります。そしてふつうは焼いた鰺を鉤に引っ掛けるのですがここの猫はいつも新鮮な鰺を食べているので生で行くことにしました。

 メンバーのNさん、夫(ドライバーとして戦力)といつもの時間に行くと三毛が待っていました。Iさんに餌やりを止めてもらって4日目です。なんとすんなり捕獲機に入ってくれました。あっけなくて拍子抜け。

P1220517 (812x1024)
右から見るとほとんどが白


P1220516 (1024x768)


P1220545 (1024x768)
珍しくしっぽが茶色

 しかしそのあとが長かった。キジ白でソックスをはいた猫(Iさん情報には無かったが実は餌やりをしていた)が金網の向こうにいて捕獲機を置いてもなかなか出てこないのです。ものすごく警戒をしていてこちらも遠くから見るのですがしっかり目線が合うのです。ある時はNさんと二人で陰からどうなったかそっと窺っていてふと後ろを振り返るとパレットの上からこちらをじっと見ているではありませんか。いつの間に!一枚上手です。これはカットがあるかよっぽど警戒心が強いかということで引き上げることになりました。気になるのはもう一匹黒っぽい猫が走るのを見たということです。

 後日この猫はカット有と判明しました。

 最近最終確認に行くとキジ白ソックス、三毛ちゃんもいました。
P1220626 (1024x768)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PAWS(ポウズ)管理者

Author:PAWS(ポウズ)管理者
2000年頃、個人からスタートした地域ネコ活動・里親活動をしているグループです。グループ名は「ポウズ」と読みます。猫さんに関わる日々の悲喜こもごもを記録します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク

いつでも里親募集中