FC2ブログ

コロンちゃんとお別れ

 コロンちゃんはW公園で一番の高齢猫でした。今年亡くなったかあさんと同じ15歳ぐらいではないかと思われます。最初はとても人見知りでしたが可愛がってくださる方に懐いてだんだん私たちにも近づいてくれるようになりました。4月に病院で風邪の治療をした後は元気になっていたのですが、だんだん食が細くなりそれでも食べられなくても撫ぜてもらいたかったのか他の仲良し3匹と一緒にでてきてくれたりしました。
 名前は無かったのですが、数年前一緒に餌やりに回ってくれた小学生が「コロコロ太っているからコロン」と名前を付けてくれました。
みんなに食べられそうなものを持ち寄ってもらい幸せな最期だったと思います。

なかなか出てこなかったので古い写真が無いのです。
P1170628.jpg
2014年3月太っていました。もう亡くなったかすみちゃんと。

元気なころはいじめっ子で他の猫を追いかけていたことも
DSC_1031 (480x640) DSC_1032 (480x640)
最近はいつも仲良しのグループと一緒 真ん中と左

CIMG1285.jpg

CIMG3625.jpg

CIMG3621.jpg

最後になった写真。痩せました。
1533956427492.jpg

ベストショットはこれ 2017年7月
DSC_0077 (640x520)




スポンサーサイト

ぼくは黒猫、名前はまだない

 ある日の朝突然の電話。メンバーからで、知り合いの知り合いの方Sさんがコンビニでお仕事をしていると黒い迷い猫が現れて、何とか保護しようとしたが出来ずどうしたらいいかと相談を受けたという事でした。さっそくお電話をしてみると子猫で、かごに入れたら逃げ出し捕まらないとのこと。これは捕獲器でないと無理と判断。早速その日の午後に都合をつけていただいて待ち合わせをしました。
 この場所は数匹の地域猫が長年餌をもらっている場所で、つい最近新しい猫はいないことを確認したばかりでした。

 捕獲器を持って行くと既にSさんは来ておられ「あそこに」といわれるところをみると広い幹線道路の歩道の草むらに隠れている黒い子猫がおりました。昨日朝現れ捕まえようと追いかけたので警戒をしているということ。誘いの竹輪を投げても出て来そうにない、昨日は洗濯ネットも試したとのことで、これ以上追いかけて道路に出て事故に会っては大変なので、捕獲器を前に置いてみることにしました。餌は仔猫用パウチのみ。これはいい匂いがしてべったり新聞紙に貼りつくので大人猫の捕獲にも良く使います。入り口前に竹輪を少し。
 さて出てくるまで様子を見ましょうとお店の方に移動し振り返ると、なんともう餌を食べ始めているところ。おなかが空いていたのですね。ここは夕方毎日餌をやる方が来られるのでお店の方に捕獲があるので餌やりをストップしてもらえるようお願いしてありましたが、まだ現れていませんでした。
 順調に中に入り無事保護することが出来ました。お互い自転車だったので、捕獲器のまま持ち帰っていただくことにしました。
おうちには先住猫さんが3匹いるとのこと。最初はケージに隔離して、病院へ連れて行き検査をしてから次の段階へというお話でした。
DSC_1104 (768x1024) DSC_1103 (768x1024)
右目が目やにでかわいそう           あまり暴れないいい子
DSC_1110 (768x1024)
子猫という事だったけれど4か月以上に見えます。生まれ月が合わないから去年秋に生まれた子か。

 その後病院で検査をして病気は無いとのこと、ほっとしましたが、歯の状態から1歳になっているそうです。ごまちゃんと同じような状況。多分子猫の時の栄養失調で発育が遅れているのでしょう。
DSC_0903 (768x1024)
そのごまちゃんも一年経って大分大きくなりました。しかし寄り目。これも成長不良の影響か。

 さて黒ちゃんはあまりに馴れ馴れでかわいがられていた様子なので警察に届けて遺失物扱いで3か月の預かりとなったそうです。Sさんはあまり可愛くて手放す気になれませんが一応段階を踏むことになったようです。誠意ある対応に感心します。名前がまだないのはそのためです。3か月が待ち遠しい。

 幸せそうな写真を送ってくださいました。
IMG_8837 (951x707)
 かなりの甘えん坊
 IMG_8868 (1024x768)
      まだケージの中
          IMG_8858 (1024x768)
            腕枕もできるって外猫だったことが信じられない
                 IMG_8873 (1024x768)
            お腹見せサービス
                       IMG_8880 (1024x768)
       目が早く治るといいね。くしゃみの度に鼻水が飛ぶそうな。
   

キタちゃんコウちゃんはずっと一緒


DSC_0953 (768x1024)
二匹そろって天国へ行きました。

 最近何度か会いに行っても姿が見えず、時間を変えても会えないのでお世話をしている方に聞くと白いほうのコウちゃんが4月終わりに、キタちゃんが5月初めに姿が見えなくなったそうです。コウちゃんは食欲もあり元気だったので意外な気がしましたが、こんなに同時期に旅立つとは本当に仲のいい二匹だったのですね。
 どんどんみんな年を取ってお別れすることが多くなり寂しいです。でも最後に会えたのが良かったです。

キタちゃんコウちゃん

 いったい何歳ぐらいなのか。N公園の主のような二匹はいつもいっしょです。TNR活動はもう8~9年ぐらい前ではないかと思います。別のグループが行いました。
 住宅街ではない外れの公園で魚釣りのおじさんや仕事へ行くお兄さんたちに餌をもらってきました。環境は厳しいけれど優し良い方たちに見守られていたから長生きをしたと思います。
2016010112030001.jpg
      CIMG2910.jpg
      元気なころは他の餌場を荒しに行っていた二匹。
            2016年2月11日
               良く太っていました。

 最近そのお一人から「猫が目が良く見えていないようで、餌をやっているIさんが『地域猫の会に言えば病院へ連れて行ってくれる』と言われました。」と連絡がありました。どんな様子か見に行くと二匹はびっくりするほど年を取っていて確かにキタちゃんは目が良く開いていない様子。コウちゃんは元気そうだけれど左目のまぶたが腫れているみたい。
CIMG4781 (1024x768)
いました。キタちゃん。

CIMG4785 (1024x768)

CIMG4787 (1024x768)
コウちゃんも出てきて相変わらずの仲良し。しかしちょっとの間になんと年取ったこと。痩せて、背中も丸くなり推定15歳ぐらいか。

 こういう場合どうすればいいのか。昼間車の出せない状況で前と同じような活動はできていない私たち。長期保護もできません。
病院へ連れて行くと目薬と抗生物質を処方されるでしょう。そこで抗生物質を1週間与えてみることにしました。一度保護するとこれだけ年を取っていると元へ戻すのが困難になります。また住み慣れたところからケージへ閉じ込めることになり、ストレスが大きくなりますので出来る範囲で一番いいのはこれではと判断しました。
 餌をやっている方や連絡をくださった方にも納得していただきました。
DSC_0947 (768x1024)  DSC_0948 (768x1024)


 二匹は前はうろうろしていつも同じ場所にいませんでした。他の餌場へ行って荒してくることもしばしば。でもすっかりおとなしくなっていつもトイレの横で日向ぼっこをしたりしている様子。仲間がいるっていいですね。雨が降るとトイレの中へ避難しているようです。


キタちゃんは食べるのもゆっくりで時間がかかりますが、缶詰や焼か〇おを好んで食べます。ここへ薬を入れればよいわけです。
コウちゃんはさっさと食べてしまいます。キタちゃんとの力関係は弱っているように見えるキタちゃんのほうが上のようで自分のお皿があるのにコウちゃんのお皿に首を突っ込みます。それを怒るでもないコウちゃん。いい関係です。
DSC_0925 (768x1024)   1524107980683.jpg  
自分のがあるのに・・・
 前は触れなかったのが撫ぜることもできるようになっていました。このような環境にいると寒い時は車の下などに入り込むので毛は鼠色になり汚れた感じでかなりみすぼらしく見えますが。

 性格は穏やかになっていつも餌をやっているわけではない私が行っても走り寄ってくれることも有りました。

DSC_0918 (768x1024) DSC_0962 (768x1024)
左が一週間前。薬を飲んで少し変わったような気もします。コウちゃんの目の腫れも引きました。

            DSC_0952 (768x1024)
今日で1週間になったので一応終了となりました。ずっと仲良しでね。

新顔にカットあり!

 うれしい報告がありました。メンバーのMさんから新顔のカットをはっきり確認できたと報告がありました。
 いつもビビリで大黒ちゃんに追いかけられて逃げてしまう子ですが、大黒も追いかけず明るいところで餌を食べているところを見たそうです。これでやっと解放されました。12月の厳寒の頃からずいぶんかかりました。祝杯をあげなくては。
あ、名前はビビリのビビちゃんに決まりました。
プロフィール

PAWS(ポウズ)管理者

Author:PAWS(ポウズ)管理者
2000年頃、個人からスタートした地域ネコ活動・里親活動をしているグループです。グループ名は「ポウズ」と読みます。猫さんに関わる日々の悲喜こもごもを記録します。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク

いつでも里親募集中