意思疎通が難しい

 19日は夜7時ごろから捕獲を予定しメンバーのTさんと待ち合わせをしました。私は餌やり当番の日なので先に餌をやってから参加。まず電話ボックスから始めて、四辻、トイレと行く予定。するとまたまた電話ボックスで黒猫が入ったのです。
暗い中での耳カットの確認は大変でしたが、確かにカット有。
CIMG3269 (1024x768)

つぶらな瞳で暴れないおとなしい猫でした。このあたりはみんな暴れん坊で、電話ボックスで捕獲した猫ではありません。たぶん四辻で捕獲した雄猫でしょう。
CIMG3270 (1024x768)カット

 確認に時間を取り放してやってTさんの後から駆けつけると、赤い車が停まっているではありませんか。餌やりさんのTさんが来ている!
猫たちが出てきてくれるのでそれはいいのですが、もう食べた後。ショックです。ちゃんと説明をして貼り紙で日にちのお知らせもしているのに。何でも5時過ぎから来ていたとか。

 しかしここで諦めてはせっかく出動してきた意味がないので試すことにしました。私たちがいると入らないだろうと遠くから見ていたのですが、捕獲器の側に猫たちが来るとTさんも何をしているのかうろうろしていて一向に入る気配が無く、餌をもらった後では仕方ないとこの日は帰りました。
スポンサーサイト

3人態勢

 14日は満を持しての捕獲作戦。電話ボックス、四辻、コンテナ会社正門と制覇する計画でまず車に捕獲器、保護ケージを積み込んで先発隊2名が出発。電話ボックスにはカット有の黒がフェンスの中に、遠目に黒がいましたがカットは確認できませんでした。
近寄ってこないので四辻に移動。ここで道路の反対側で小柄な黒猫(またか!)を捕獲しました。遠くから見ると全然動かないので入っているのか、戸が閉まったのか全く分からずしばらく待機しました。でも痺れを切らして見に行くと「入っていた!」保護ケージに移動させて次のトイレへ。ここでTさんと合流し行ってみると赤い車が停まっていて餌やりさんが来ていたのです。しかも餌をやった後。
 せっかく貼り紙をして捕獲の予告をしていたのに残念な。見えなかったのか見たけれど無視されたのか。餌やりさんと話をして、パンダのシュンちゃん、かつらブチのジュンちゃん、黒猫の嵐、カット有の黒猫がいることがわかりました。今度は良く貼り紙を見て下さいと念を押して引き揚げました。無駄足とは思いたくない。コミュニケーションが取れたからです。
ジュンちゃーんとフェンスの中へ呼びかける餌やりTさん。ほとんど毎日来ているそうです。

かつら頭でブチのジュンちゃん。この子が電話ボックスで最初の捕獲の時に見かけた猫ならいいのですが。
CIMG3238 (1024x729)

収穫がありました。捨てられていた大き目の保護ケージをMさんとやっとの思いでたたんで持ち帰りました。

黒猫のオンパレードに混乱

18日3匹の黒を放しに行きました。四辻で捕獲した黒がメスで産後だったと言われました。産後の母猫はもっと早く放すのですが病院との連絡が悪く、預かっていただいているNさんがお腹を見て授乳中だと気が付いたというのです。子猫は3日位は生きていると言います。授乳期間が長そうなので子猫は少し大きいのではと思われますが。

 まず電話ボックスの黒。3匹のうち2つの情報を書いたタグが外れていてこの子だと見せられた2匹の猫はどちらも違うような。毛がバサバサで目やにと鼻がガビガビで怖い猫だったのに、きれいな顔をしていて目はパッチリ。違うと思いました。しかしNさんは「うちにいる間にきれいになった」と。どうしても納得いかないのでもう一つのケージを見るとまさに目やに猫。毛が抜けて体調は良くないようでしたが放しました。
間違えたら大変です。

CIMG3257 (1024x768)
この強面は見間違えるはずがありません。

 四辻がどちらかで迷いました。数日前のことでもすっかり捕獲の状況を忘れていました。一時預かりをしてもらったTさんに電話をして確認しながら判断しました。一匹が連絡があった産後猫。もう一匹は聞いていなかったけれどお腹に3匹いたそうです。
産後猫を四辻の会社正門で放すと迷わず門から駆け込みました。

CIMG3259 (1024x768)
お腹の毛が抜けているのは授乳中だそうです。

 最後のトイレ猫も戸を開けると一目散にフェンスから中へ入って行きめでたし。
CIMG3263 (1024x768)

CIMG3266 (1024x768)


 そしてフェンスの中にはいつもの場所で寝ている長毛パンダのシュンくんがいました。今度こそ捕獲。

トイレへ

 猫の会で、トイレで猫に餌をやっているTさんにさっそく様子を見に行ったメンバーが偶然会って話を聞くことが出来たという報告がありました。先の見えない捕獲が続いて落ち込みそうなときにグッドニースに少し救われました。遅くまで遠いところへ足を延ばしてくれたメンバーに感謝。仕事の後に車を出してくれるメンバーにも感謝です。みんなの協力でやっとできる活動です。
 
 トイレに通ってきている人は40歳ぐらいの男性。4匹位いるようです。捕獲の時は貼り紙をするので餌をやらないようお願いすることにして更に捕獲開始。
 12日朝トイレの掃除に行きました。紙のボール状お皿を数えたら66枚。トイレの周辺の燃えるごみと一緒に大きな袋に3つになりました。缶ビンペットボトルは半分しか拾えませんでした。そして6匹の猫を放した(捨てた)会社が捨てたという大き目のケージを発見。中に毛布やクッションが入ったままで会社の女性に聞いた話と同じ。素性正しいのできれいにして使わせてもらうつもりです。

 夜捕獲に出てまず電話ボックスで黒のオスを捕獲し、トイレに向かいました。そこには前々日に見かけた長毛パンダとかつらブチがいましたが既に餌が置いてあり捕獲器に全く入る気配が無くてあきらめて引き揚げました。

 翌朝トイレで黒のメスを捕獲しました。朝行くのは大変だったけれど朝餌をやる人がいると警備のおじさんに聞いたので貼り紙方々行くとたぶん前に見たであろう黒猫がいて捕獲器を出たり入ったり。そこへ運悪く長毛パンダが現れてすぐ横に座り込みました。戸が閉まった音で飛んで逃げて行ったのが残念。
でも効率よく前夜捕獲した黒と一緒に地域猫活動の先輩Nさんに病院へ運んでいただくことが出来ました。

電話ボックスの黒。とても狂暴で攻撃してくるためそっとしておいたので良く顔を見ていなかったけれど、目やに鼻水でかわいそうなことになっています。もちろんオス。
CIMG3226 (1024x768) (2)

トイレの黒。ちょっと小柄でメスでしたが妊娠はしていませんでした。
CIMG3221 (1024x768)

10日の長毛パンダ。
CIMG3204 (1024x768)

13日のパンダ
CIMG3217 (1024x768)

余り捕獲が続くのと黒猫率が高くて間違って把握して混乱してしまいました。記録をしっかりつける必要があります。 

四辻のぶち長毛の捕獲

 四辻に現れるのはパンダ2匹と黒猫と思っていたら突然白っぽい猫が座っていました。もしかして軽トラのお兄さんが言っていたペルシャ風白っぽい親子のどちらかか。早速捕獲器を置くとすぐに入りました。

 情けない顔をした長毛のブチでオスでした。子供の方と思われます。
CIMG3163 (1024x768)

CIMG3159 (1024x768)

5日後に放しました。お母さんはどうしたのか。
CIMG3201 (1024x768)


 ブチを放した帰り道その先にある、軽トラのお兄さんが餌やりをしている親子4匹の猫がいる場所。猫は会社の敷地の中でフェンスの外へ出てこないため捕獲が困難なところです。夜はいつも門が閉まっているので話をしに行ってみました。会社にいた女性に声をかけると「もうちょっと早く来てくれれば。一足違い」と言われ何のことかと思ったら、先代社長は猫を可愛がっていて餌を運んできて社内でも世話をしている人がいたが、今の社長に代わって「猫は排除」という事になり「餌やり禁止令」が出て困った人が自分で檻を作って今朝その中に6匹の黒猫とパンダを入れて自分の家に持って帰ったという事でした。その中にはメスと分かっているのが2匹いるという事だったのでとりあえず一匹ずつでも手術をしましょうという事になりました。しかしお昼過ぎにかかってきた電話は沈んだ声で「もう家の側で外へ放してしまった」ということでした。なんということ!確かに6匹もまた元へ戻すことが出来ず、近くに餌場があるので外へ放してもまたトラブルになることが考えられます。いい解決策は無いとはいえ放された先でまた繁殖するのかと思うと気が重くなる出来事でした。

 更に会社の向かいにもパンダが1匹いるというので行くと、可愛がっていたという警備のおじさんは「なつかれて困るので棒で追い払ったら最近あまり来なくなった。南のトイレに猫がいる」と又聞きたくない情報が。つらいけれど行ってみるとなるほどいました。
黒猫と長毛パンダが。あたりには猫に餌をやるためと思われる紙皿が散乱していて薄汚い状態で、トイレの隣には休憩所もあるのです。さてどうしたものか。つづく。

黒猫はすぐにいなくなり、目がブルーの長毛パンダがくつろいでいました。鼻が黒い。子猫なのか?
CIMG3204 (1024x768)
プロフィール

PAWS(ポウズ)管理者

Author:PAWS(ポウズ)管理者
2000年頃、個人からスタートした地域ネコ活動・里親活動をしているグループです。グループ名は「ポウズ」と読みます。猫さんに関わる日々の悲喜こもごもを記録します。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク

いつでも里親募集中