FC2ブログ

第3回「地域猫展」開催中

 今年で3回目となる「地域猫展」を地域の情報センターでやっております。
 念願だった地域猫展の1回目はどうしたら活動をみんなに知ってもらえるか、意気込みを持って頑張りました。2回目は何とか会員やボランティアを増やそうという目的を持って取り組みました。今年は場所を貸していただける最後になるかもしれないので説明部分の使いまわしをせず新たにコンパクトにまとめて、その分情報を増やしました。また初めて一般の方に写真の応募をお願いしました。結果は里親さんからの写真がたくさん寄せられました。

今日は折り返し地点で、写真の一部を入れ替える作業をしました。28日まで。

一部ご紹介
CIMG5313 (640x480)

CIMG5310 (640x480)

CIMG5323 (480x640)

CIMG5314 (640x480)

DSC_1617 (480x640)

CIMG5308 (640x480)


CIMG5322 (480x640)

続きを読む

スポンサーサイト

親分子分

 昼だけ営業している食堂がありその主、とうさんは年は行っても貫禄があり、若いベンガルにはまだ負けていません。そこへ新入りが一匹。さくらちゃん。
 この子は2年ぐらい前に食堂へ現れてたけれど捕獲が出来ないでいるうち姿を消しました。今年3月にまた現れ、捕獲手術をしました。
 いつも陰に隠れているような子でしたが急に慣れてきました。以前も大きなベンガルとは仲良しで旧知の仲。餌を食べるのも邪魔をされることも有りませんがすぐ引っ込むのは人が怖いようです。

DSC_1375 (480x640)
奥がさくらちゃん。左父さん、右ベンガル「早くこっちへおいで」

DSC_1376 (480x640)
お皿を近づけてもらっても「なんかねー気後れしちゃって。」これベンガル、それはさくらちゃんの。

DSC_1377 (480x640)
やっぱりおなかが空いた

DSC_1379 (480x640)
おいしい

DSC_1378 (480x640)
「よし、来たか」ととうさん

コロンちゃんとお別れ

 コロンちゃんはW公園で一番の高齢猫でした。今年亡くなったかあさんと同じ15歳ぐらいではないかと思われます。最初はとても人見知りでしたが可愛がってくださる方に懐いてだんだん私たちにも近づいてくれるようになりました。4月に病院で風邪の治療をした後は元気になっていたのですが、だんだん食が細くなりそれでも食べられなくても撫ぜてもらいたかったのか他の仲良し3匹と一緒にでてきてくれたりしました。
 名前は無かったのですが、数年前一緒に餌やりに回ってくれた小学生が「コロコロ太っているからコロン」と名前を付けてくれました。
みんなに食べられそうなものを持ち寄ってもらい幸せな最期だったと思います。

なかなか出てこなかったので古い写真が無いのです。
P1170628.jpg
2014年3月太っていました。もう亡くなったかすみちゃんと。

元気なころはいじめっ子で他の猫を追いかけていたことも
DSC_1031 (480x640) DSC_1032 (480x640)
最近はいつも仲良しのグループと一緒 真ん中と左

CIMG1285.jpg

CIMG3625.jpg

CIMG3621.jpg

最後になった写真。痩せました。
1533956427492.jpg

ベストショットはこれ 2017年7月
DSC_0077 (640x520)

もう一件追加。もっともコロンらしい一枚。DSC_0987 (640x498)


ぼくは黒猫、名前はまだない

 ある日の朝突然の電話。メンバーからで、知り合いの知り合いの方Sさんがコンビニでお仕事をしていると黒い迷い猫が現れて、何とか保護しようとしたが出来ずどうしたらいいかと相談を受けたという事でした。さっそくお電話をしてみると子猫で、かごに入れたら逃げ出し捕まらないとのこと。これは捕獲器でないと無理と判断。早速その日の午後に都合をつけていただいて待ち合わせをしました。
 この場所は数匹の地域猫が長年餌をもらっている場所で、つい最近新しい猫はいないことを確認したばかりでした。

 捕獲器を持って行くと既にSさんは来ておられ「あそこに」といわれるところをみると広い幹線道路の歩道の草むらに隠れている黒い子猫がおりました。昨日朝現れ捕まえようと追いかけたので警戒をしているということ。誘いの竹輪を投げても出て来そうにない、昨日は洗濯ネットも試したとのことで、これ以上追いかけて道路に出て事故に会っては大変なので、捕獲器を前に置いてみることにしました。餌は仔猫用パウチのみ。これはいい匂いがしてべったり新聞紙に貼りつくので大人猫の捕獲にも良く使います。入り口前に竹輪を少し。
 さて出てくるまで様子を見ましょうとお店の方に移動し振り返ると、なんともう餌を食べ始めているところ。おなかが空いていたのですね。ここは夕方毎日餌をやる方が来られるのでお店の方に捕獲があるので餌やりをストップしてもらえるようお願いしてありましたが、まだ現れていませんでした。
 順調に中に入り無事保護することが出来ました。お互い自転車だったので、捕獲器のまま持ち帰っていただくことにしました。
おうちには先住猫さんが3匹いるとのこと。最初はケージに隔離して、病院へ連れて行き検査をしてから次の段階へというお話でした。
DSC_1104 (768x1024) DSC_1103 (768x1024)
右目が目やにでかわいそう           あまり暴れないいい子
DSC_1110 (768x1024)
子猫という事だったけれど4か月以上に見えます。生まれ月が合わないから去年秋に生まれた子か。

 その後病院で検査をして病気は無いとのこと、ほっとしましたが、歯の状態から1歳になっているそうです。ごまちゃんと同じような状況。多分子猫の時の栄養失調で発育が遅れているのでしょう。
DSC_0903 (768x1024)
そのごまちゃんも一年経って大分大きくなりました。しかし寄り目。これも成長不良の影響か。

 さて黒ちゃんはあまりに馴れ馴れでかわいがられていた様子なので警察に届けて遺失物扱いで3か月の預かりとなったそうです。Sさんはあまり可愛くて手放す気になれませんが一応段階を踏むことになったようです。誠意ある対応に感心します。名前がまだないのはそのためです。3か月が待ち遠しい。

 幸せそうな写真を送ってくださいました。
IMG_8837 (951x707)
 かなりの甘えん坊
 IMG_8868 (1024x768)
      まだケージの中
          IMG_8858 (1024x768)
            腕枕もできるって外猫だったことが信じられない
                 IMG_8873 (1024x768)
            お腹見せサービス
                       IMG_8880 (1024x768)
       目が早く治るといいね。くしゃみの度に鼻水が飛ぶそうな。
   

キタちゃんコウちゃんはずっと一緒


DSC_0953 (768x1024)
二匹そろって天国へ行きました。

 最近何度か会いに行っても姿が見えず、時間を変えても会えないのでお世話をしている方に聞くと白いほうのコウちゃんが4月終わりに、キタちゃんが5月初めに姿が見えなくなったそうです。コウちゃんは食欲もあり元気だったので意外な気がしましたが、こんなに同時期に旅立つとは本当に仲のいい二匹だったのですね。
 どんどんみんな年を取ってお別れすることが多くなり寂しいです。でも最後に会えたのが良かったです。
プロフィール

PAWS(ポウズ)管理者

Author:PAWS(ポウズ)管理者
2000年頃、個人からスタートした地域ネコ活動・里親活動をしているグループです。グループ名は「ポウズ」と読みます。猫さんに関わる日々の悲喜こもごもを記録します。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク

いつでも里親募集中